ご予約はお電話かLINEで!

0567-68-3434

お身体のお悩みご相談、お問い合わせは

ご相談・お問合せ
受付時間 日祝
9:00-12:00(土曜 8:30-12:30) × ×
15:00-20:00 × ×

改善しない症状や交通事故治療でお悩みなら すこやか接骨院

〒498-0803 三重県桑名郡木曽岬町大字和泉33-2

思春期のサッカー少年におこる腰痛について

腰痛

初めに

サッカー少年でプレイ中に腰痛を感じることが時々あります。全力で走ったり、全力でボールを蹴ったりすると痛みを感じることがあるようです。特に、猫背や反り腰など普段から姿勢が悪いと筋肉の柔軟性が低下して、ボールを強く、蹴るときに腰に負担がかかってしまうことも多く見られます。今回は、サッカー少年の腰痛が筋膜リリースと整体で改善されたので報告します。

内容は以下の通りです

患者情報

サッカーで腰痛がおこるよくある原因とは?

施術と結果

なぜ良くなったのか?

患者情報

小学6年生の男の子、サッカー中の練習中に特に原因はなく腰痛を感じて翌日には痛みはなかったもの、このまま運動を続けても良いものなのか、今痛みはないが腰椎分離症の疑いは無いだろうかと両親が心配になり来院されました。はじめての腰痛でした。

サッカーで腰痛がおこるよくある原因とは?

一番は体が硬くてボールが上手に蹴れていないことが考えられます。効率の良いキック動作をするには、股関節〜骨盤〜脊柱の柔軟性が必要になってきます。特に股関節の前面や側面の筋肉が硬くなり、太ももの裏側や臀部の筋力が弱いとボールを蹴ろうとテイクバックをする際に代償運動で腰をそらせたり、腰を過度に捻ったりしてしまいます。また、インパクト時の足首の柔軟性も大事です。筋肉の柔軟性や筋力が低下していると、腰への局所的な過負荷が生じやすいと考えられます。成長期の子供たちは骨の成長にともなって筋肉の柔軟性が低下しやすく筋肉が硬くなりやすいのです。

施術と結果

初診時の問診と検査にて、現在日常生活では痛みはないとのことで、実際に腰を触ってみると、背骨を押さえた痛みはなく、立った状態で腰を後ろに反らす、ひねるなどの動きで痛みはなかったため、両親に「筋肉由来の腰痛だと思うが、分離症の可能性もゼロではないので施術をしながら経過観察をしていきましょう、今はサッカーを休んでいただき治療に専念しませんか?」と提案すると納得していただきました。それから、施術は筋膜リリースと整体を12回行いました8回の施術で全力でサッカーをやっても痛みを全く感じないほどに回復しました。その後、ちょうど遠征の時期と重なっていて疲労が溜らないようにとコンディションの調整として4回施術を行い、合計12回の通院で終了しました。

なぜ良くなったのか?

全身の柔軟性を高め腰の局所に負荷がかからないようにするために筋膜リリースと整体を行いました。特に、整体では、大腿四頭筋とハムストリングスと股関節を回旋させる筋肉の柔軟性を高めることを行いました。さらに背骨と肩甲骨の周りとの連動性もチェックして、体の使い方の癖によって硬くなっている部分の筋肉を緩めました。それによって腰に加わる負担が軽減して早期に改善したと考えられます。また筋肉の硬さはレントゲンにはうつらないので、治療者が直接体に触れ原因を把握して施術を行うことにより、精神的にも安心感が得られるのも治癒促進には重要なことであります。

すこやか接骨院に
お気軽におご相談下さい!

予約
優先

ご予約はお電話かLINEで!

0567-68-3434

(スマホの方はタップで発信できます)
お身体のお悩みご相談、お問い合わせは

ご相談・お問合せ LINE予約はこちら
住所 〒498-0803
三重県桑名郡木曽岬町大字和泉33-2
定休日 木曜日午前・土曜日午後・日・祝
受付時間 日祝
9:00-12:00(土曜 8:30-12:30) × ×
15:00-20:00 × ×
Copyright(C) すこやか接骨院 All Rights Reserved.