弥富市・桑名市で交通事故・むちうち専門施術はお任せください!

⑦交通事故・むちうちによる手首、指の痛み


交通事故・むちうちによる手首の痛み

交通事故での手首の損傷は、ハンドルなどを握っているときに衝突されての受傷やバイクで転倒での受傷が少なくありません。

【分類】

  • 骨の損傷(骨折)
  • 靭帯の損傷
  • 筋肉の損傷
  • 軟骨の損傷

に分けられます。

手首の骨の損傷(骨折)

衝撃の強い交通事故では手首を骨折することがあります。

ギプスなどで固定が必要で、場合によっては手術になることもあります。

はな接骨院では、担当外科医(整形外科医)と協力して、リハビリ等を行います。

靭帯の損傷

比較的軽い衝撃の交通事故でも起こるのが靭帯損傷です。

図の靭帯などが損傷します。

症状に応じて、テーピング等で固定をしたり、電気治療やストレッチなど手技治療を行います。

筋肉の損傷

靭帯と同じく比較的軽い衝撃でも損傷することが少なくありません。

筋肉の損傷に応じて、テーピングで固定をしたり、電気治療やストレッチなど手技治療を行います。

軟骨の損傷

手首の間にある軟骨は、手首のスムーズな運動には欠かせない重要な軟骨です。

軟骨は性質上、回復スピードが遅く、何か月もの間痛みが軽減しないことが少なくありません。

電気などの物理療法に加え、根気よくリハビリが必要になってきます。また、生活上の負担をかけないような管理指導が必要になってきます。

指の損傷

【分類】

  • 骨の損傷(骨折)
  • 靭帯の損傷
  • 腱の損傷
  • 掌側板の損傷

骨の損傷(骨折)

ギプスや金属副子などを使い、完全に動かないように固定をします。

当院では、外科(整形外科)と連携し、リハビリなどを行います。

靭帯の損傷

関節を支える靭帯が、衝撃によって損傷してしまった状態です。

痛みや程度に応じて、テーピングや金属副子で固定をします。

腱の損傷

指を動かす腱(筋肉)が損傷してしまった状態です。

こちらもテーピングや金属副子で固定をします。

掌側板の損傷

掌側板とは繊維性の軟骨のことで、靭帯とくっついています。

靭帯を損傷したりすると、掌側板を一緒に損傷することがあります。

剥離骨折(靭帯や掌側板に引っ張られて、骨の一部がはがれてしまうこと)になる場合もあります。

性質上、掌側板の損傷は、症状が長く続くことが少なくありません。

しっかりとした固定と、リハビリが必要です。

交通事故無料メール相談

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0567-68-3434 受付時間 
平日 8時〜11時 14時~20時
土曜日   午前8時~11時 

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • お問い合わせ
むちうち119番 交通事故の時あわてない話

むちうち専門書を発売しました

全国の交通事故に強い接骨院検索

交通事故の法律サポート

交通事故補償
  • twitter

お勧め書籍

むちうちについてもっと詳しく学ぶ 保険についてもっと詳しく学ぶ
はな接骨院求人情報

グーグル+プロフィール

Copyright © はな接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.