今回は、交通事故のむち打ち施術の実際を説明していきます。交通事故

今回は、信号で停車中、後ろから衝突され、首と腰に痛みとだるさが出現したKさんのお話です。

Kさんは、後ろから衝突された直後はあまり痛みなどの症状はありませんでした。

次の日になって、首と腰の痛みが強くなり、整形外科に受診したのです。

そこでの診断は、レントゲン画像には異常はなく、いわゆるむち打ちでした。

週一回のペースで治療に通いました。治療の内容は、電気と湿布だったそうです。

二か月通院しましたが、症状に変化がないため当院を受信しました。

当院では引き続き、電気と湿布、そして筋肉を和らげたりやストレッチなどの手技を加え、通院頻度を週3回位に増やしてもらいました。

Kさんは、その後症状が徐々に軽減されていったのです。

特に、Kさんは、治療直後の体の症状の変化が実感出来て、効いている感じがしたと言っています。

このように、交通事故の治療は、受診する施設によって様々です。

Kさんの場合は、うまく症状が軽減されました。

交通事故の治療は、治療の効果が実感できること、治療頻度を増やすことが大切です。