car-691564_640

 

 

 

 

初めまして!!受付の大久保と服部です。

5月から新しく出勤しています(*´▽`*)

これから交代でブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします!!

 

今日は梅雨の時期に

皆さんに安全に快適に過ごして頂けるよう雨の日の運転についてお話したいと思います!!

 

 

雨が降っている日は事故が多くなる

 

 

交通事故

車は急に止まれない よく聞く言葉ですが雨の日は特にそうなんです。

「危ない!!」と思って車がブレーキをかけてから止まるまでの距離が晴れている日に比べて長くなるんです。

その距離のことを制動距離と言います。

教習所で習ったのを覚えていますか・・・?

車の速度が2倍になると、制動距離(せいどうきょり)はおおよそ4倍になります。

なんとなく思い出してきましたか?

制動距離を長くする要因として次のものもあります。

 

  • 雨が降り始めた頃 
  • 鉄板の上
  • 水たまりや雨量の多い路面
  • 積載量や乗車人数が多く重量が増している時
  • タイヤの磨耗により溝が浅くなっている時
  • タイヤの空気圧が不足している時

 

こうしてみると雨以外にもいろいろな要因があるのですよ。 

 

日ごろから備えておきましょう。

例えば、タイヤの空気圧等は、こまめにガソリンスタンドなどでもチェック出来ますよね。

それ以外には、普段は空いている道が、雨の日に車などを利用する人が増えて道が混んでしまっている

ということもありますよね。

予定の時間に間に合わない( ゚Д゚)急がないと—-( ゚Д゚)

と、運転の際にスピードを出してしまわぬように

雨の日の通勤やお出かけなど、運転をする予定のあるかたは

少し時間に余裕を持つようにしてみましょう。

 

気を付けていても起きてしまった事故後の対処方についてはこちらを参考にしてください。

 もしも事故に遭ったら