身体障害者用駐車スペースについて

国際シンボルマーク

国際シンボルマーク

身体障害者用駐車スペースに一般の車が駐車しているのを見て、なんだか悲しい気持ちになりませんか?

このようなマークが駐車スペースに書いてある場合は、その場所は身体障害者用の駐車スペースです。

お店などでは、入り口に一番近い場所にあることが多いですね。

でもどうしてこのようなスペースが必要か知っていますか?

お店から近い場所に作って手間を少しでも少なくするため?

確かにそういった意味もあります。

でも本当の理由は、広さにあります。

身体障害者用駐車施設の幅は、高齢者・身体障害者、特に乗降幅の必要な車いす使用者の乗降が可能となるよう、幅 2.1m 程度の車体用スペースに、車いす使用者が転換できるとともに介護者が付き添える 1.4m 以上の乗降用スペース幅を加えた3.5m 以上を確保する。国土交通省 自動車駐車場参考

ある一定の広さがないと車いすが置けず、車から降りることが出来ないのです。

スーパーなどで障害者スペースに一般に車が置いてあると、車いすの方は買い物に来れません。

近いからと言って障害者スペースに車を止めるドライバーはこのことをしっかり理解して次からは一般のスペースに止めましょう(*^-^*)