桑名・弥富市での交通事故・むちうち施術は『はな接骨院』(筋肉の張り編)

こんにちは、はな接骨院の院長花井です。

今日は、交通事故後の筋肉の張りについてお話します。

交通事故のような衝撃が加わると、主にレントゲンに写らない筋肉や靭帯の損傷が起こります。

筋肉や靭帯の損傷について詳しくはこちら『本当にあいまいなむちうちの分類』

筋肉の微小なダメージや、捻挫の痛みなどは、周囲の筋肉を硬直させます。

むちうち院長いわゆる「肩こり」のような状態になるわけですね。

筋肉が固まるとどうしていけないのでしょう。

それは、筋肉が固まったことにより

  • 血流が悪くなり、疲労物質や痛みの物質が溜まってしまう。
  • 固まったことにより筋肉自体が伸びづらくなり、痛みが強くなる。
  • 神経などを圧迫して、頭痛や耳鳴りなどを引き起こすことがある。

などが考えられます。

固まった筋肉はほぐす必要があるのです。

はな接骨院では、

人の手でしっかりとほぐしていきます。

痛みをともなうことはありません。