弥富市・桑名市で交通事故・むちうち専門施術はお任せください!

接骨院と整形外科の違い

  • HOME »
  • 接骨院と整形外科の違い

接骨院と整形外科の違い

多くの方は、交通事故に巻き込まれ、ケガをした場合、病院で診てもらうと思います。でもむちうちの場合、病院でも接骨院でも治療が受けられます。どこがどう違うのでしょう。

病院の役割

病院イラスト交通事故に合い、病院に行くと、頭をぶつけたなら脳神経外科、腕や首など体を痛めたなら整形外科、内臓などを損傷したなら外科などとそれぞれ専門の科で治療を受けることになります。

検査をして、結果に応じて止血をしたり、手術をしたり、注射や薬を出したりします。西洋医学に基づいた治療を行うのです。

つまり、異常(損傷)を発見し、元に戻す事が役割となります。

接骨院の役割

接骨院柔道整復師と言う国家資格を取得した者が治療を行う施設を接骨院と言います。

柔道整復師は、骨折、脱臼、捻挫、打撲を東洋医学に基づいて治療を認められた専門職です。(東洋医学とは、人間の治癒能力を最大限に発揮させ、治療を行う事を言います。決してハリを打つなどだけの事を言うわけではありません。)

つまり、接骨院では異常(損傷)に対して固定をしたり、手技によって血流を良くして体が治りやすいようにしてあげることが役割になります。

「東洋医学なんてよくわからないなぁ」と思われるかもしれませんが、接骨院では、証拠(研究)に基づいた治療を行うことで国家に認められ、保険の適応が可能です。

むちうちの場合はどっち?

むちうちは正式には捻挫や挫傷といって、筋肉や靭帯、軟骨の損傷の一つです。ですから、病院でも接骨院でも治療を行うことは可能です。

むちうちの場合、レントゲンなどの検査では異常がみられないのが特徴です。

つまり、病院の役割である元に戻す事は不可能ですから、病院では痛み止めや湿布、電気をかけたりして、症状を抑え込んだり、和らげる治療になります。

薬などによって一時的に症状は和らぎ、楽になります。

unnamed-3対して、接骨院の場合は、電気や手技、ストレッチ等で、血流を良くしたりして体が治りやすい状況を作ってあげます。

徐々に症状は和らぎ、楽になってきます。

 

 

薬や湿布などが主な治療となる病院と手技やリハビリが中心となる接骨院どちらが良いのでしょう。

はな接骨院では、両方に通院することをおススメします。薬などには痛みをすぐに和らげる、接骨院の治療には、徐々に根本から治療していくと言うそれぞれのメリットがあります。

むちうちで接骨院と病院の通い方

痛みがつらい時は、病院の指示のもと、薬や注射をしてもらい、一時的に症状を抑え、普段は接骨院で根本的な治療を行うことが、治療効果を最大限に発揮します。

※ごく少数の医療施設や保険業者の方の中には、接骨院、又は両方に通院することが出来ないと説明することがあります。これは、医療施設の利益の確保などの理由からであり、むちうち治療を接骨院、又は両方で治療を受けることは認められています。

当院では、病院、接骨院のメリット両方を患者様に説明をし、周辺医療施設との連携を行っております。

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0567-68-3434 平日 9時〜12時 15時~20時
土曜日 午前8:30~12:30
定休日 木曜日午前・日・祝

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • お問い合わせ

交通事故の法律サポート

交通事故補償
  • twitter

お勧め書籍

むちうちについてもっと詳しく学ぶ 保険についてもっと詳しく学ぶ

グーグル+プロフィール

Copyright © すこやか接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.