building_hoken_gaisya

 

こんにちは(*^_^*)

受付の大久保です。

今年も残りわずかですね。

 

今回は、自動車の任意保険に加入している人なら1度は耳にした事がある「弁護士費用特約」。

弁護士が関係している事は分かりますが、いつ、どんな時に使うものなのかまいち

使うタイミングや必要性が分からないですよね。。。

いざという時に役立つ「弁護士特約」について説明していきます!!

 

弁護士費用特約とは

保険会社によって、「自動車弁護士費用等補償特約」と「弁護士費用補償特約」など若干名前は違います。

その特約は自動車事故や日常で遭遇した事故によって、怪我を負ってしまった時に

その賠償問題がこじれて弁護士を頼まなければならなくなったら

保険会社が弁護士費用を補償します。というものです。

 

 

自分が悪くない事故では保険が使えない!!

自動車保険に加入していれば、事故の際には自分の保険会社の担当者が相手方と示談交渉にあたってくれます。

しかし全ての事故で示談交渉してくれるわけではないのです。

例えば、、、

「信号待ちで停車中に追突された」「駐車中に追突された」といった事故では

追突されたほうに一切の非はなく、相手方の過失が100%となります。

この時、追突された被害者は自分の保険を使って示談交渉することができないのです。

それはなぜ? 

自動車保険は基本的に事故相手の賠償に備えるためのものなので

相手への賠償が発生しない10対0の事故では、使いたくても使うことができないのです。

引用:弁護士特約ってどんなもの

 

保険が使えないとどうなる?

自分の保険会社が示談に出て来られないとなると、加害者側(加害者本人や保険会社)

と話をするのは被害者本人となります。

納得いく賠償金額を提示してくれれば問題はないのですが非を認めなかったり話し合いが進まないという場合もあります。

 

 

弁護士に依頼するメリット

弁護士を代理人にした場合、保険会社や加害者とのやり取りは、全て弁護士が窓口となるので

相手方と自分自身でやり取りをする必要が無くなります。

保険会社はあくまで保険会社内の基準で慰謝料等を計算するのですが、

実際に裁判をしたときに裁判所が認める慰謝料は、保険会社内の基準よりも高くなっているので

弁護士が交渉することになれば、保険会社も裁判所が認めるであろう金額を踏まえた金額を提示してくるので

賠償額が上がる可能性があります。

boy_question

 

弁護士特約を使うと保険の等級は下がらない?

弁護士費用特約を使ったとしても、保険の等級はダウンしませんので、保険の契約者に迷惑をかけることもありません。

保険会社によって保険が適用される人の範囲は異なっていますが

保険契約の内容次第では非常に広い範囲の人にこの特約は適用されますので

事故に遭った時には使える保険がないか探してみて下さい。

 

 

 

特約に入っていると弁護士費用はどれくらい安くなる?

弁護士費用特約の限度額は300万!!

保険会社によって内容は多少異なりますが、ほとんどの保険会社は

法律相談料として10万円、弁護士費用および実費として300万円を支払い限度としています。

なので賠償額が、かなり高額にならない限り補償額を超えることはありません!!

 

 

いざというとき、とても役に立つ保険です。自分ではこの特約を付けていると思っていなかったのに

保険証券を見てみると付帯されていたということもあるので一度調べてみるといいですね!!