こんにちは、はな接骨院の花井です(*^-^*)

今回は交通事故の治療について、説明していきます(^-^)

交通事故でのケガは、整形外科、接骨院のどちらでも治療を受けることが出来ます。

でも、治療方法など違いがあることを知っていますか?

簡単に

  • 整形外科とは
  • 接骨院とは
  • 整形外科と接骨院どちらを選べばいいの?
  • 交通事故治療の損をしない通院の仕方

に分けて説明していきます。

整形外科とは

病院イラスト

病院・整形外科

整形外科とは、医師が運動器(骨、関節、筋肉、軟骨など)を治療する外科です。

西洋医学を基に治療を行います。西洋医学とは、病気やけがを発見し、それを元に戻すことを基本としています。

つまり、整形外科は、骨折などの異常を発見して、手術などを行う外科を専門としています。

ポイント:整形外科は異常を発見して元の状態に戻す外科である

接骨院とは

接骨院

接骨院

接骨院とは、柔道整復師と言う国家資格を持った施術者が治療を行う施設です。

柔道整復師とは骨折、脱臼、打撲、捻挫など運動器を専門に扱う施術者のことを言います。

接骨院は東洋医学に基づいており、体が治りやすい環境にしてあげることを基本としています。

ポイント:接骨院は体が治りやすい環境を作る

交通事故の場合どちらを選べばいいの?

交通事故の場合、そのほとんどが骨などの損傷がないむちうちです。

むちうちは、レントゲンなどの検査では異常は見つかりません。

ここで、大切なことは、レントゲン検査で異常が見つからない場合は、西洋医学でいう「異常を元に戻す」ことが出来ません。

つまり、整形外科などでは、根本治療ではなく痛み止めや電気治療と言った【対症療法】となります。

対して接骨院は、体が治りやすい状態にすることが基本ですから

固定をしたり、ストレッチをしたり、筋肉の緊張をほぐしてあげて治りやすい状態にします。傷ついた場所を安静にしたり、血流を改善して痛みの物質を流れやすくしたりするのですね。

ポイント:異常(骨折)が発見できる場合は整形外科が得意、それ以外は接骨院が得意

交通事故の損をしない通院の方法

損をするとは、早く治る方法があるのに、それを行わないことです。

ここで、お勧めする方法はズバリ両方通院することです。

整形外科には治療として、痛み止めの薬や検査機器があります。

薬は即効性が強く、一時的に痛みを押さえることには有効です。

接骨院は、体そのものの治癒能力を上げて根本的に治していきます。

ですので、痛みが強い場合は、痛み止めを処方してもらいながら、接骨院に通院して、根本治療を行います。

また、症状が落ちついてきたら、接骨院で治療を受けながら、節目節目で検査を整形外科で受けるなどを行います。

このように通院することが治療効果をより高めていきます。