突然の交通事故で体を痛めてしまった。

交通事故なんてそう度々起こるわけじゃないですからね、何していいのか分からない事も少なくないんですね。

では、追突事故を例にして順を追って説明していきましょう(*^-^*)

交通事故が起こってから

ある日車を運転していらいたら、後ろから衝突されたAさん。

両者大きなケガはありませんでしたので、警察を呼んで現場検証を行います。

1、必ず警察を呼びましょう。車で事故を起こした場合、警察に報告することは義務です。

Aさんは幸い大きなケガありませんでしたが、首と腰に違和感を感じたため、病院へいきました。

2、病院に行く前に必ず保険会社に連絡しましょう。

この日は休日だったため、救急病院で見てもらうことに。幸い大きなケガはなく全治2週間程度のことです。

この診断書を警察に届けます。

3、診断書を警察に提出して、人身事故に切り替えてください。

その後、救急病院では通院できないと言われ、新しく通院のための病院を探します。

インターネットなどでたくさんの病院や接骨院が載っていたのでその中から選びました。

4、必ず自分で探して選びましょう。近いからと決めてしまうと、電気のみなど対症療法しか行えない場合もあります。

当初2週間程度の見込みでしたが、Aさんは痛みが長引き、3カ月の通院を行いました。

5、診断書の期間しか通院できないわけではありません。症状が良くなるまでしっかりと治療をしましょう。

その後、相手側の保険会社と示談に入ります。

簡単な流れですね。

多少めんどくさいのは、最初の現場検証と人身事故への切り替え位です。通院中は手続きは病院、接骨院と保険会社でやり取りしますので、あまり関係ありません。