あきらめかけてた首の痛みが一瞬で消失した。

28才の男性の方で5年程前に交通事故に遭い、頚部に違和感がありました。

 

仕事が忙しく通院が出来なかった為、効果的な治療が受けれなかった様です。

 

特に冬場になると症状が増強し、よく寝違えの様な痛みが出現していました。

 

ソフトボールをほぼ毎日しており、最近は投球フォームを変えた為か、全身に疲労が蓄積し

 

2ヶ月前から寝違いを何回も起こしていまし、当日起床時に疼痛が増強し来院されました。

 

 

 
 
 
kansetsutsuu_kubi
 

いわゆる外傷性頚部症候群(むちうち)の後遺症による症状です。

 

来院時本人さんは通院は長期になるものだと思っておられました。

 

微弱電流(エレサス)という電気療法を行い、約20秒間通電した所、上を向いた痛みと、右に回旋させた痛みが消失しました。

 

 

凄く驚いた様子で「えっ?何で?ホントに痛くない」と言われ、満足していました。

 

 

痛みが出現している箇所の、筋肉が緊張し、症状が出現していた為、微弱電流により症状が消失しまたが

 

全身の検査をすると、骨格のゆがみ、筋力低下、関節可動域、姿勢の悪さの問題があった為

 

 

また痛めやすい状態にあることは変わりありません、本人さんに説明した所、痛みがひとまず治ったので

 

 

様子をみると言われ治療を終了しました。

 

この様に、交通事故による首の痛みは治療をしっかり行っていないと、

 

数年経っても症状が続くケースがあります。

 

首の痛みが原因で骨格がゆがみ腰痛や肩の痛みが起こることもあります。

 

受傷して初期の段階から治療を受けた方が、圧倒的に改善率は高くなります。

 

交通事故に遭われ、痛みが御座いましたら、当院にご相談下さい!