こんばんはー!!

最近少し忙しくなってきました

三重県木曽岬町

交通事故・むちうちの治療が出来る『はな接骨院

受付のタカースです(●´ω`●)

 

 

 

交通事故の治療は治るまで補償してくれません。

参考はこちら『むちうちの補償はいつまで?』をご覧くださいね

 

 

 

では、交通事故の保険と補償は、いったいどのようなものなのでしょうか?

 

 
保険と補償について説明していきます。

交通事故に巻き込まれた時、適応される保険は

  • 自賠責保険
  • 健康保険(国民健康保険、厚生年金保険他)
  • 任意保険

になります。

自賠責保険

自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険と言います。

これはいわゆる強制保険です。自動車の車検の時に支払う保険ですね。

車を運転中に事故を起こしてしまい、被害者をケガさせてしまった場合適応されます。

例えば、歩道を歩いていた歩行者が、車にはねられたときはこの自賠責保険を適応させて治療を受けます。

被害者が加害者の自賠責保険を適応させて治療を行うのですね。

自賠責保険の適応は、治療費、慰謝料、通院にかかる交通費、休業補償、文書料などがあります。

かなり手厚く補償があるため、自賠責保険を適応させておけばほとんど心配ありません。

治療費の窓口負担もありません。

しかし、自賠責保険は支払限度額があります。

  • 傷害(ケガ)は120万円
  • 死亡は3000万円

です。

この限度額を超えた場合に任意保険の補償の適応になるのです。(任意保険については後述します)

健康保険(国民健康保険、厚生年金保険)

単独もしくは一方的な加害者の場合適応します。

相手がいる事故の場合も被害者が申し出れば、健康保険の適応になりますが、基本的に相手がいる場合は自賠責保険の適応と考えればいいでしょう。

任意自動車保険

よくテレビなどでCMしている保険です。

自動車の保険と聞けば任意保険を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

任意保険は先述した自賠責保険の限度額を超えた分を補償します。

交通事故専門治療はな接骨院

交通事故の補償

上記の保険(自賠責保険、任意保険)を適応させた場合、様々な交通事故にたいする補償がされます。

補償内容は、治療費、慰謝料、休業補償、文書料などです。

治療費

交通事故のケガに対する治療費は自賠責保険又は任意保険によって補償されます。

通常の通院の場合は、保険業者さんが治療期間に直接支払うことが多いため、患者さん自身は窓口での支払いはないのが一般的です。

慰謝料

交通事故の場合は入院や通院の日数が何日あったかで計算されます。

例えば通院の場合は、8400 × 日数で計算されます。(隔日通院の場合)

この慰謝料は、いわゆる保険会社基準であり最低価格です。もし納得がいかないようであれば近くの法律の専門家に相談してみるのもいいでしょう。

休業補償

交通事故のケガで働くことが出来なかった場合に支払われます。

文書料

例えば、住民票など公的文書や、病院の証明所などの発行料は補償されます。