こんにちは!!

三重県木曽岬町

交通事故・むちうちの専門治療が出来る『はな接骨院

受付のタカースです(●´ω`●)

 

 

 

 

前回、前々回からタカースが実際に追突事故にあって・・のブログを勝手に書かせていただいております(笑)

前々回
交通事故にあってしまったら

前回
交通事故に遭ってからの流れ

 

今回は交通事故に遭ってからの流れ②です。

 

 

 

この前のブログで、警察に診断書を出したのまでを書きましたね。

 

 

 

では、次は治療についてです(=゚ω゚)ノ

大体が電気の治療になるようですね。

 

 

 

交通事故治療と電気治療

の記事を読んでみましょう!!

 

病院や整形外科、接骨院のなどで行われる電気治療は効果があるのでしょうか?

交通事故でケガをしてしまった時の治療法の一つの電気治療について説明します。

交通事故での病院

電気治療とは

電気を流せば症状が無くなる、痛みが取れる。電気自体にこのような効果はありません。

人間の体に電気を流して良くなるのであれば、他の治療にも取り入れられているはずです。ですが電気治療は運動器の治療以外にはほとんど使われません。

電気治療は様々な種類がありますが、主に運動器(関節、筋肉、神経、骨)等の治療に使われています。色々な症状の方に行いますが、今回は運動器のケガのリハビリに行われる電気治療について説明します。

では運動器にどのような影響があるのでしょうか。

 

電気治療は勘違い?

電気が体に与える影響は勘違いです。

フラシーボ効果(フラセボ、フラシーバ)といわれているものです。

これは電気を体に流すことによって、神経などに刺激を与え、体の治癒能力を引き出すことです。

電気自体に効果はないけれど、体に勘違いさせて治療を一生懸命してもらいましょうと言うものです。

体に勘違いしてもらうために行うのですね。

 

電気は強いほど良い?

良く治療の現場である質問です。

家庭用の電気治療器でも同じことが言えますが、強いほど良いわけではありません。

それは先ほどの説明でもあったように勘違い効果をさせることが目的だからです。

体が刺激を感じればフラシーボ効果があると言われていますから、電気は気持ちよい位で良いのです。

電気自体に効果はないですから。

 

交通事故にも効果的な治療なの?

もちろん交通事故の治療にも効果的です。

しかし、勘違い効果ですから、効果には個人差があります。電気治療をやっていればいいと言うのは少し違います。

電気治療は補助的な役割といて、主な治療は個人に合わせたストレッチやほかの治療を組み合わせていくことが必要です。