追突事故

追突事故

事故を起こした場合は人身事故・物損事故に関わらず必ず警察に報告する義務があります。

特に単独事故は“相手がいないから大丈夫”という理由で報告を怠る人もいますが、警察に届け出を出して「交通事故証明書」を発行してもらわないと修理等の保険金も出ません。

また警察への報告義務に違反した場合、罰則もあるので注意しましょう。

簡単に交通事故を起こした時の義務について

  • 負傷者の救護義務・道路上の危険防止の措置義務(負傷者を安全な場所に移動する等)
  • 道路交通法を所掌する行政官庁である「警察」に、事故・負傷者の状況や事故後の措置・周辺交通の状況を報告する義務
  • 報告を受けた警察官が必要と認めて発した警察官が到着するまで現場に留まる命令に従う義務

ケガをさせたなら救護しなければいけない。

警察に届け出なければいけない

急いでいても警察が来るまで待っていなければいけない警察官OK

簡単に言うとこんな感じですね。

誰にでも起こしてしまう可能性がある交通事故です。適切な行動を取ることが大切です。