head-776680__180

こんにちは(*’▽’)

受付の大久保です!!

暑い日が続いていますが体調を崩されていませんか?

今回は事故を起こしやすい人の特徴と原因についてお話していきますね!!

 

どんな人が交通事故を繰り返すのか?

交通事故や追突事故を何度も何度も繰り返す方がいます。

実際、本当に同じ人が繰り返すのか?

交通事故のドライバーへの調査によると

交通事故を過去2回以上起こしたことがある方がその後三年間に事故を起こす確率は

事故一回の方に対して約6~7倍くなっています。

交通事故を起こす方は何度も起こすのですね。

何が問題なのでしょう。

 

 交通事故は「環境の問題」「個人の問題」の相互作用によって引き起こされる

雨や雪などの天候の問題や車のスリップなどの環境の問題

注意散漫などの個人の問題が組み合わさって起こるのです。

環境の問題は皆さん同じですから、事故を繰り返す方は個人の環境に問題があると予想できます。

個人の問題…いったいどんな方が危険なのか・・

 

それぞれの人が持っている性格によって、運転態度に違いが生じます。

無事故無違反で安全運転を続けているドライバーもいれば、繰り返し事故を起こしてしまうドライバーもいます。
どのような性格の持ち主が事故を起こしやすいのかを通して、自分自身を振り返り、安全運転に役立てて下さい。

 

 

jiko_car_ojisan

 

感情の起伏が激しい

気分が安定せずムラがあり、沈んだ状態にあると物事を考えることが面倒くさく投げやりになったり

他の事に気をとられて運転に集中しにくい状態になる可能性があります。
また、気分が高揚しているときは自信を持って積極的な運転をしますが

調子に乗り過ぎてスピードを出し過ぎるなど乱暴な運転になりがちです。

せっかちで、カッとして怒りっぽい

じっとしていることが苦手なので、無理な追い越しをして事故を起こしやすい傾向になりがちです。
また、常に焦りがちなので、早とちりや思い込み運転を起こしやすく、十分な安全確認を怠りがちです。

前の車が遅かったり、割り込みをされるとカッとして怒鳴り散らしたり、無理やり車間距離を詰めたりするなど

事故を誘発させる可能性が高まります。

些細な事を気にしたり緊張しやすい

心配事や気になることがあると運転に集中できないため、事故を起こしやすくなる傾向があります。

几帳面さに欠け、注意散漫

物事を着実に行うことに欠けているので、駐車場で乱暴に駐車し、他の車に迷惑をかけるおそれがあります。

また、車の点検や車内の整理整頓をしないため、運転中にエンジントラブルが生じたり、ブレーキペダルに物が挟まるなど

事故が起きる要因にもなります。

 

 

 自分の性格がどのように運転に反映されやすいか理解し

事故に結びつきやすい傾向が運転中に現れないよう注意しましょう!!!

 

 

「夜間の運転の特徴」こちらも参考にし未然に事故を防いでいきましよう!