こんにちは、はな接骨院の花井です。

今回は、治療のことから離れて事故と保険の話をしたいと思います。

交通事故で治療を受ける影響は大きく二つあります。

一つは、言うまでもなく体の症状を和らげること

もう一つは、体の辛い症状を証明する事です。

交通事故で体を痛めたけれども、忙しくて通院出来なかった。

そんなに長引くとは思わなかった。

等の理由で、通院回数が少ないと、

治療が終了(中止)された時に、補償額がかなり少ない場合があるのです。

ここで、大切なことは、症状が辛いからと言って、補償が多くなるわけではありません。

しっかり、治療を行った証明が必要なのです。

自賠責保険は知らない人には、とても冷たい保険です。