交通事故で病院を探す時の注意点(桑名・弥富のむちうち専門治療はな接骨院)

むちうちのはな子

むちうちのはな子

突然の交通事故で体を痛めてしまった時、みなさん病院などの治療施設を探すと思います。

僕も探します(^-^)

でも、皆さんは交通事故は突然ですから交通事故に良い病院なんて知らないですよね(@_@)

病院イラスト

私も、この業界で働くまで交通事故で病院を選ぶ事をするなんて知りませんでした。

でも皆さん聞いたことはありませんか?

  • 「何年か前のむちうちが時々痛む」
  • 「寒くなると事故で痛めたところが痛い」

このような症状は、交通事故後適切な治療を行わなかったため、何年も経過してから症状が出現したりするのです。

交通事故でのケガ、特にむちうちは何年もたってから症状が出現したりするので、特に病院選びは慎重に行う必要があります。

むちうちについてはこちら↓

「レントゲンでは異常がなければ安心?ほんとは怖いむちうち」

ではどのように病院を探せばいいのでしょう?

交通事故・むちうちでの病院の選び方

1、必ず自分の意思で探しましょう

今はインターネットなどを見るとたくさんの交通事故を治療できる施設があります。

「保険業者さんが勧めたから」

「近かったから」

等の理由で治療施設を選ぶことは危険です。

2、自賠責保険が適応される治療施設を選ぶ

体を治療するところには、病院、整形外科、接骨院、整体、鍼灸、マッサージなど様々な施設があります。

治療と密接な関係にある保険や補償は自賠責保険の適応される治療施設でのみ有効です。

通院する前に必ず確認してください。

自賠責保険に適応される治療施設はこちら↓

「むちうちの色々な治療法」

3、シップ、薬、電気のみは効果が低いまたは一時的な治療法です。

こちらは、病院で治療を受けた後の話ですが、シップ、くすり、電気治療のみの治療計画は気を付けましょう。

シップ、薬、電気治療は対症療法と言われ、痛みなどの症状を抑えるための治療です。

痛みが治まる = 体が治る

ではありません。

体が完全に良くなる根治治療を行う必要があります。

対症療法と根治治療の組み合わせた通院方法はこちら↓

「接骨院と整形外科の違い」

体を痛めてしまった時は必ず慎重に資料施設を選びましょう。