交通事故でレントゲンに異常がなくても痛い?(桑名・弥富の交通事故・むちうち専門治療のはな接骨院)

「交通事故や追突事故で体を痛めた…病院で検査を受けたけれど異常が見つからなかった。でも痛い(*_*)」

むちうちのはな子

むちうちのはな子

このように、交通事故や追突事故の衝撃で体を痛めたけれどレントゲン検査などで異常が見つからない場合を

いわゆる【むちうち】といいます。

むちうちの特徴

むちうちは

  • 首や腰、背中に多く、交通事故などの衝撃で多く発生する
  • 痛みや筋肉の緊張、しびれなどの症状がある
  • 事故直後または少し時間が経ってから症状が出現する

などがあります。

むちうちについて詳しくはこちら↓

【むちうちとは】

 

首や腰、背中に多く発生する

衝撃が加わり、首や腰、背中に多く発生します。

部位別の詳しい説明はこちら↓

【交通事故による部位別の症状と説明】

痛みや筋肉の緊張、しびれなどが出現する。

むちうちは、痛み等の症状だけではなく様々な症状が出現します。

詳しい症状の説明はこちら↓

【むちうちの症状について】

事故直後または時間が経ってから症状が出現することもあります。

むちうちは時間が経ってから症状が出現することも。

では、むちうちはどのように治療していけばいいのでしょう。

レントゲン検査で異常が見つからない「むちうち」は一般の整形外科などではシップや電気治療などを行う対症療法しか行えません。

むちうちは、長く続く症状を伴うことが少なくありません。

そのため、対症療法だけでは不十分と言えます。

整形外科とむちうち専門治療を行う接骨院を使い分けることが大切

実は、交通事故によるむちうち治療には、様々な方法があります。

うまくいいところだけを効率よく行うことが大切です。

詳しくはこちら↓

【整形外科と接骨院の違い】

筋肉を調べることも大切

レントゲンに異常がないむちうちは、レントゲンには写らない筋肉や関節、軟骨などの損傷です。

超音波を使い、筋肉の動きを観察することも大切です。

詳しくは動画で↓