sick_muchiuchi

 

 

こんにちは♪

受付の大久保です(^^)/

 

桜の葉も色づき始め秋の訪れを感じますね!!

スポーツの秋!食欲の秋!過ごしやすい季節、しっかり満喫して下さいね(*^^)v

 

 

交通事故でのケガは様々ですが

とくに多いのが〝むちうち〟とゆう事はご存知ですか?

事故後に医療機関へ通院し、むちうちの治療をおこないますが

痛みの強さが人それぞれ違うように通院の頻度も

週に2.3回通える方、月に数回しか通えない方など様々です。

 

むちうちの通院頻度はどのくらいが適切なのでしょうか。

まずは、治療法から少しお話していきますね。

 

 

むちうちの治療法

むちうちの治療法は多くの医療機関があるのと同じで

病院によって治療は様々です。一概には言えませんが

手技療法、物理療法(電気療法、温熱療法)運動療法、などがあります。

治療を続けて行う事で早く治る人もいれば1年以上痛みに悩まされる方もいます。

 

『それなら、むちうちが治るまで時々病院に通って治療していげばいい!!』

と思う方もいると思いますが残念ながら交通事故の補償期間が決められているんです。

なので事故の保険治療で治療をし続けることは出来ません。

むちうちの補償期間

 

 

 

character_hakase

 

日によって痛みが違う

むち打ちは、目に見えないからこそ、完全に良くなったかどうかの診断が難しいともいえます。

治療を受けているうちに、一時的に体のバランスが良くなって、症状が和らぐことがあります。
でも、またちょっとしたショックで悪化してしまったり

気候や着ている服などの影響で体調が良くなったり悪くなったりすることもあります。

筋肉や靱帯、神経の損傷は一進一退を繰り返します。

「良くなったから通院しなくて大丈夫」というような自己判断は禁物です。
きちんと治療を受けて、ちょっとした行動にも注意を払うことで

体をできるだけ元の状態に近づけて痛みや不快感のない生活ができるようになるのです。

 

むちうちは長引きやすい傷害のため、しっかりと通院して治療を行う必要があります。

 

 

完治に近づくには通院頻度もポイント‼

最大限の効果を出すためには通院頻度も大切になってきます!!

ケガの状態によっては、2日に1度の通院でもよかったりすると思いますが

かなり痛みがあったり痺れなどがある場合には、毎日通院した方がいい場合もあります。

人それぞれでケースバイケースな部分が大きいため

一概に「何日に一度通うのが正解」とは言い切れません。

1週間に2,3度通院可能な患者さんと1か月に一度程度しか通院できない患者さんであれば

頻度が高い方が治療効果は高くなるので

補償期間の間に、できるだけ通院して完治に近い状態にしていくことが重要です!!

 

保険会社によっては、あまり通院していないと、痛みが続いていたとしても

症状が軽いとみられてしまう傾向もあるので気を付けましょう!!

 

症状が辛い時は無理をせず、しっかりと相談しながら通院していきましょう!!