koshi_supporter

こんにちは(●^o^●)

受付の服部です!!

もうすぐ今年も終わってしまいますね(>_<)

なんだか今年は去年に比べて寒くない様な・・・。

ニュースなどでは暖冬と言われていますね!

ですがやはり冬です!寒いです(>_<)

冷えによって体が凝り固まったりと冷えは大敵です!!

温かい服装や軽く体を動かしたりしましょうね(^^)

 

ところで、はな接骨院で治療されている方(交通事故)で

コルセットを常用している方がちらほらみえます。

腰などを痛めたために最初は痛い時だけ使用していたのに

予防などを理由に毎日のように使用してしまっているとゆう方は

少なくありません。

今日は、コルセットの使用についてお話します。

 

コルセットの働き

コルセットを付ける意味は、安静です。

コルセットを付ける事によって、首や腰の可動性を制限し安静に保つことが出来ます。

 

交通事故の治療でのコルセット

交通事故の治療で思い浮かべることが多いのは首のコルセットではないでしょうか。

交通事故のむちうちは、骨には異常がなく、筋肉や靭帯、軟骨などが損傷してしまうことです。

筋肉などが損傷してしまうと、内出血したり、炎症が起こったりしますが、

多くの場合むちうちでは、微小な損傷になるため、目立った症状は痛みなどの主観症状のみとなります。

交通事故食後は、炎症が起こってしまうことも多く、安静に保つ必要があります。

安静に保つときにコルセットを付ける場合もあります。この段階ではコルセットが役に立ちます。

nurseman_question

コルセットを常用するとなぜよくないの?

交通事故直後はコルセットを付ける方が良い場合も多いのですが、その後は付け続けない方が良いでしょう。

筋肉は損傷後しばらくたってくると緊張が強くなり、固くなってきます。

コルセットのような外から固定するものを使用すると、より緊張が強くなり症状が強くなる傾向があります。

また腰痛で使用する場合、コルセットは腹筋と背筋の代わりの様な役割をしてくれますが

痛い時だけでなく腰痛の予防や普段から常に使用していると

腹筋や背筋を使わなくても腰を支えられるため、筋肉を使う事が減ってしまう事があります。

長期間に使用することで、次第に腹筋、背筋が弱くなり
いざコルセットを外すと、自分の筋肉で支えたり、活動することが困難になり

その結果腰痛がさらに悪化するということになってしまうとゆうような事が起こってしまいます。

 

コルセットは交通事故直後では有効な場合もありますが、

長期間つけておくことは反対に症状を強くする場合もあります。

経過を見ながら外していき

痛みのない時はコルセットに頼らないようにしてみましょう。

 

 

年末年始 お休みのお知らせ

『 12月30日(水)~1月5日(火)までお休みです。

1月6日(水)から通常通り診療いたします。

よろしくお願いしますヽ(^。^)ノ