もし交通事故に遭ったら【桑名・弥富の交通事故専門治療はな接骨院】

はい、こんにちは。院長の花井です。

今日は「もし交通事故に遭ったら」でいきます。

誰もが交通事故に遭いたくありませんよね。

けれど誰もが交通事故の被害者、加害者になる可能性があります。

今回は、交通事故に遭った時の対処方法について説明しますね。

背中をほぐします

1、けが人の救助

まずはけが人の救助!当たり前ですね。怖くなって逃げてはいけません。どんなに軽くぶつかっただけでも、必ずケガをしていないか確認してください。

必要であれば救急車を呼びましょう。

2、警察を呼ぶ

軽い事故でも警察に届け出る義務があります。

3、現場の安全の確保

幹線道路など車通りの多い道路では事故現場に別の車が衝突することがあるそうです。

4、現場の保存

交通事故では被害者と加害者の意見が異なることもあります。

嘘をついているわけではなく、動揺してしまって記憶が抜けてしまうことも。

現場の写真を撮ったり、両者で確認しながらメモを取ることも大切です。

また、目撃者がいる場合は連絡先を聞いておきましょう。

5、医療機関の受診

交通事故から時間が経ってきてから、首や腰に痛みが出現することも少なくありません。

症状が軽度でも必ず医療機関を受診するようにしましょう。

医療機関を受診することによって、交通事故によるケガを証明することも出来ます。

後々受診しても認められないこともありますので、早めに受診する方が良いでしょう。

まとめ

特に難しいことはありません。良くあるのは現場の保存や目撃者の確保などを忘れてしまうことが多いようです。

もし交通事故に遭ってもパニックにならないように落ち着いて対処してください。