むちうち119番 交通事故の時あわてな~い話

こんにちは、はな接骨院の院長の花井です。現在執筆中の

電子書籍「むちうち119番 交通事故の時あわてな~い話」

を少しづつ内容を小出しにしていこうかと思います。

2013年1月に発売した「交通事故・むちうちで損をしない16のルール」に続き第二弾です。前回の書籍よりももっと踏み込んだ内容と実際の通われた患者様の体験談などを混ぜながらお話していこうと思います。

「交通事故・むちうちで損をしない16のルール」を知らない方はこちらを参考にしてください。

「交通事故・むちうちで損をしない16のルール」

むちうちの症状

 

交通事故と湿布

交通事故でのケガの一例

むちうちの症状と言えば痛みが想像できますね。

確かに痛みが出現することがほとんどですが、他にも様々な症状が出現します。

先ほど説明したタイプ別に症状を説明していきますね。

むちうちの症状は基本症状と随伴症状に分けられます。

基本症状は主に頸椎捻挫と頸部挫傷に出現します。随伴症状は主に外傷性頸部症候群に出現します。

 

基本症状

基本症状は主に頸椎捻挫、頸部挫傷タイプに出現する症状で、むちうちでは基本的な症状です。

むちうちの基本症状は、痛み、ダルさ、筋肉の緊張感、シビレなどのことを指します。

この症状は交通事故によって損傷した靭帯や筋肉、軟骨などから直接発生した症状です。つまり損傷した部分が痛みを発生させたり、グッと凝り固まったりすることです。

 

随伴症状

随伴症状とは主に外傷性頸部症候群に出現する症状で、基本症状に比べ出現することは多くはありません。

基本症状は損傷した靭帯や筋肉などの症状に対し、随伴症状は損傷によって自律神経などを刺激したことによって出現します。

主な症状としてめまい、耳鳴りなどの症状が出現します。

 

このようにむちうちの症状は大きく二つに分けることができます。

 

【むちうちの症状】

むちうちの症状は大きく2つに分けられる。

むちうちの症状は痛みだけではない。

症状別の説明と治療について詳しくはこちら

交通事故・むちうちの症状と治療について