むちうち治療で整形外科と接骨院の違い

交通事故によるむちうち治療は整形外科と接骨院どちらでも治療が出来ます。

整形外科と接骨院どちらでも治療が出来るといっても治療の内容などは全く違います。

では整形外科と接骨院では何が違うのでしょう。

交通事故での病院

交通事故での病院

整形外科の役割

整形外科とは西洋医学に基づいた治療を行う施設です。

例えば、交通事故に合い、病院に行くと、頭をぶつけたなら脳神経外科、腕や首など体を痛めたなら整形外科、内臓などを損傷したなら外科などとそれぞれ専門の科で治療を受けることになります。

検査をして、結果に応じて止血をしたり、手術をしたり、注射や薬を出したりします。西洋医学に基づいた治療を行うのです。

つまり、異常(損傷)を発見し、元に戻す事が役割となります。

接骨院の役割

柔道整復師と言う国家資格を取得した者が治療を行う施設を接骨院と言います。

柔道整復師は、骨折、脱臼、捻挫、打撲を東洋医学に基づいて治療を認められた専門職です。

(東洋医学とは、人間の治癒能力を最大限に発揮させ、治療を行う事を言います。決してハリを打つなどだけの事を言うわけではありません。)

つまり、接骨院では異常(損傷)に対して固定をしたり、手技によって血流を良くして体が治りやすいようにしてあげることが役割になります。

「東洋医学なんてよくわからないなぁ」と思われるかもしれませんが、接骨院では、証拠(研究)に基づいた治療を行うことで国家に認められ、保険の適応が可能です