body_neck_hone

 

 

こんにちは!!

受付の大久保です(^^♪

ジメジメ蒸し暑い日が続いていますね(*_*)

 

 

さて今回は交通事故で痛めたむちうちは治るまで補償してもらえるのか!?

についてお話ししていきます。

交通事故で多いのがむちうちです。

 

むちうちとは・・・

交通事故の衝撃などで首のあたりやその周辺(腰や背中、膝なども起きる)を痛めることを

むち打ち( 鞭打ち症 ・ むちうち症 ・ むち打ち損傷)と言います。

むちうちは骨に損傷がない軟部組織(靭帯、関節軟骨、筋肉、関節周囲の組織等のこと)の損傷です。

損傷のしかたによって

捻挫挫傷外傷性症候群に分類されます。

 

捻挫

捻挫とは、その名の通り捻じり挫くものです。

外力によって(むちうちの場合は交通事故)関節が正常の範囲以上の関節を構造する靭帯や周囲の軟部組織(関節の袋など)が損傷した状態。

簡単に言うと足首をくじいた状態のことを言います。

 

挫傷

挫傷とは、鈍的な外力により内部の軟部組織が損傷したもので、体表に創がないもの。

主に、肉離れや、打ち身、アキレス腱断裂もこれに含まれます。

 

外傷性症候群

外傷性症候群とは、外力によって生じた損傷から、出現した様々な症状を総称して言います。

 

 

 

massage_ojisan

 

 

交通事故で痛めた時治るまで補償される??

 

保険業者さんによって様々ですが、むちうちの補償期間はおよそ3カ月~6カ月ということが多いです。

交通事故の症状が長引いた時に、症状が治まるまで補償してもらえるというわけではないんです。

むちうちとレントゲン検査についてはこちら

むちうちとレントゲン検査」

 

 

 

大切なのは最初の3ヵ月

レントゲン検査など所見で異常が見られないことが要因の一つになるので

むちうちについては、補償が打ち切られる前に症状を完全に、または大部分を治しておくことが大切です!

また、むちうちは事故後の緊張や気持ちの高ぶりで痛みを感じなくなっていることもあり

次の日や時間が経過してから症状が出ることがあります

筋肉は損傷すると時間とともに緊張して固くなってしまう性質をもっています。

緊張した筋肉は血流が悪くなり、痛みや疲労物質を患部に溜めてしまう事があるので

事故後とりあえず痛くないから、様子をみてから病院へ・・・なんて考えず

痛みがなくても安静にして必ず早めに病院へ行きましょう!!

補償が受けられる期間にしっかり治療に専念して

なるべく効果の高い治療を受けることが重要になります!!