弥富市・桑名市で交通事故・むちうち専門施術はお任せください!

むちうちの症状

  • HOME »
  • むちうちの症状

むちうちの症状

むちうちは、【むちうちの分類】で説明した通り、捻挫、挫傷、外傷性症候群です。

簡単に言うと、足を挫いたことと似ています。追突事故

しかし、首など場合は足首などのように単純ではありません。

痛み以外にも様々な症状が出現します。

交通事故によるむちうちでは、様々な症状が出現します。

むちうちの方に共通して出現する【共通症状】と一部の方に出現する【随伴症状】に分けられます。

【共通症状】

  • 痛み
  • 筋肉の張り

等は、多くの方に出現します。むちうちの痛み

【随伴症状】

  • 脱力感
  • めまい・耳鳴り
  • 頭痛
  • 疲労感
  • むくみ

などは、一部の方に出現します。

共通症状は事故から数日後、随伴症状は数週間後に出現することもあります。

時間が経ってから症状が出現する理由

むちうちでは、症状が事故直後ではなく、翌日または数日たってから出現することもあります。

交通事故直後は興奮していて、痛みを感じづらくなっている

交通事故の直後というのは、興奮していたり、動揺していたりして神経が高ぶっています。

また、興奮するホルモンなども分泌され、痛みを感じづらくなっている事が少なくありません。

理由1、神経やホルモンの働きで痛みを感じづらくなっている

靭帯や筋肉の微小な損傷による炎症

交通事故のような突然の衝撃では、靭帯や筋肉は多数の微小な断裂や損傷をします。

靭帯や筋肉自体が大きな範囲で損傷してしまった場合、内出血し、炎症が起きます。

体の修復において、内出血や炎症はとても大切なのですが、出血や炎症は痛みを伴います。

むちうちのような微小な断裂では、出血や炎症が広がりづらく、時間とともに広がって、痛みを出現させます。

理由2、出血や炎症が時間とともに広がってくるため

筋肉の緊張が徐々に起こるため

筋肉は損傷すると、時間と

ともに緊張して、固くなってしまう性質があります。

緊張した筋肉は、血流が悪くなってしまうため、痛みや疲労物質を患部に溜めてしまうことがあります。

また、緊張した筋肉によって、神経を刺激したり、むくみを引き起こしたりすることもあります。

理由3、筋肉の緊張によって痛みや疲労の物質がうまく流れないため
 
交通事故無料メール相談

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0567-68-3434 平日 9時〜12時 15時~20時
土曜日 午前8:30~12:30
定休日 木曜日午前・日・祝

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • お問い合わせ

交通事故の法律サポート

交通事故補償
  • twitter

お勧め書籍

むちうちについてもっと詳しく学ぶ 保険についてもっと詳しく学ぶ

グーグル+プロフィール

Copyright © すこやか接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.