弥富市・桑名市で交通事故・むちうち専門施術はお任せください!

むちうちの分類

  • HOME »
  • むちうちの分類

交通事故によるむちうちの分類

むちうちは、骨に損傷がない軟部組織の損傷です。

軟部組織とは、靭帯、関節軟骨、筋肉、関節周囲の組織等のことを言います。

この軟部組織の損傷の仕方によってむちうちは【捻挫】、【挫傷】、【外傷性症候群】に分けられます。

【捻挫】

捻挫とは、その名の通り捻じり挫くものです。

外力によって(むちうちの場合は交通事故)関節が正常の範囲以上の関節を構造する靭帯や周囲の軟部組織(関節の袋など)が損傷した状態です。

簡単に言うと足首をくじいた状態です。

【挫傷】

挫傷とは、鈍的な外力により内部の軟部組織が損傷したもので、体表に創がないもの。

主に、肉離れや、打ち身、アキレス腱断裂もこれに含まれます。

【外傷性症候群】

外傷性症候群とは、外力によって生じた損傷から、出現した様々な症状を総称して言います。

むちうちの症状で説明した様に、共通症状だけでなく、随伴症状を伴った状態です。
交通事故無料メール相談

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0567-68-3434 平日 9時〜12時 15時~20時
土曜日 午前8:30~12:30
定休日 木曜日午前・日・祝

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • お問い合わせ

交通事故の法律サポート

交通事故補償
  • twitter

お勧め書籍

むちうちについてもっと詳しく学ぶ 保険についてもっと詳しく学ぶ

グーグル+プロフィール

Copyright © すこやか接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.