こんにちは、はな接骨院の花井です(*^_^*)交通事故

今回は、むちうちで病院に通うのか、接骨院に通うのかどちらが良いのかを説明します。

どちらが良いのか?

それには、まず、病院と接骨院の役割から説明します。

病院の役割

交通事故をしたら、まず行くのが病院だと思います。体が痛い、血が出たなど、治療をしてもらうわけですが。

骨が折れたら整形外科、頭をぶつけたら脳神経外科と言うようにそれぞれの科にかかります。

それぞれの科で検査をして、異常があればその治療を行います。

つまり、病院の役割は異常を発見して、元に戻すことになります。

接骨院の役割

柔道整復師と言う国家資格を取得した者が治療を行う施設を接骨院と言います。

柔道整復師は、骨折、脱臼、捻挫、打撲を東洋医学に基づいて治療を認められた専門職です。(東洋医学とは、人間の治癒能力を最大限に発揮させ、治療を行う事を言います。決してハリを打つなどだけの事を言うわけではありません。)

つまり、接骨院では異常(損傷)に対して固定をしたり、手技によって血流を良くして体が治りやすいようにしてあげることが役割になります。

「東洋医学なんてよくわからないなぁ」と思われるかもしれませんが、接骨院では、証拠(研究)に基づいた治療を行うことで国家に認められ、保険の適応が可能です。

むちうちの場合はどっち?

むちうちは正式には頸椎捻挫と言って、捻挫の一つです。捻挫ですから、病院でも接骨院でも治療を行うことは可能です。

むちうちの場合、レントゲンなどの検査では異常がみられないのが特徴です。

つまり、病院の役割である元に戻す事は不可能ですから、病院では痛み止めや湿布、電気をかけたりして、症状を抑え込んだり、和らげる治療になります。

薬などによって一時的に症状は和らぎ、楽になります。

対して、接骨院の場合は、電気や手技、ストレッチ等で、血流を良くしたりして体が治りやすい状況を作ってあげます。

徐々に症状は和らぎ、楽になってきます。

薬や湿布などが主な治療となる病院と手技やリハビリが中心となる接骨院どちらが良いのでしょう。

はな接骨院では、両方に通院することをおススメします。薬などには痛みをすぐに和らげる、接骨院の治療には、徐々に根本から治療していくと言うそれぞれのメリットがあります。

痛みがつらい時は、病院の指示のもと、薬や注射をしてもらい、一時的に症状を抑え、普段は接骨院で根本的な治療を行うことが、治療効果を最大限に発揮します。