むちうちが長引く理由(桑名・弥富の交通事故、むちうち専門治療はな接骨院)

追突事故

追突事故

  • 突然の交通事故で体を痛めてしまった(*_*)
  • 病院で検査を受けたけれど、特に異常はなくいわゆる「むちうち」だ(@_@)
  • シップと電気の治療を受けて、一カ月たったけどあまり変化はない。

このような状態ではな接骨院を受診する方が少なくありません。

レントゲンで異常が見られないいわゆる「むちうち」は長くつらい症状に悩まされることが少なくありません。

今回は、どうしてむちうちの症状が長引くのかを説明しますね(^-^)

レントゲンで異常が写らないこと

診察する医師

診察する医師

「レントゲンで異常がないから安心だ!」

よく聞く言葉です(*^-^*)

レントゲンで異常がない = 体に異常がない

ではありません。

レントゲンで異常がないことで、痛みを抑えるための対症療法しか行えない場合が多く、根治治療を行えないことが長引く原因の一つになります。

根治治療を行うためにはどうしたらいいのかはこちら↓

「整形外科と接骨院の違い」

出血をしないことが原因

体はケガをすると出血をしますよね(@_@)

擦り傷でも内出血でも血が出ることによって、体の修復能力が働き、治っていきます。

むちうちの場合は、筋肉や靭帯、関節の微小な損傷が多く、あまり出血を伴いません。

体の修復能力がうまく働かないのです。

交感神経などの影響が出てしまうことも

 

むちうちのはな子

むちうちのはな子

むちうちの症状で交感神経などを刺激してしまうことがあります。

めまいやむちうち、ふらつきなどを伴うことがあります。

症状が安定しないことが多く、長引きやすい状態です。

むちうちの症状についてはこちら↓

「むちうちの症状」