どんな人が交通事故を繰り返すのか?(桑名・弥富の交通事故専門治療はな接骨院)

交通事故や追突事故を何度も何度も繰り返す方がいます。

実際ほんとに同じ人が繰り返すのか?

2001年から三年間の交通事故のドライバーへの調査によると

交通事故を過去2回以上起こしたことがある方がその後三年間に事故を起こす確率は

事故一回の方に対して約6~7倍高くなっています。財団法人交通事故総合分析センター参考

追突事故

追突事故

交通事故を起こす方は何度も起こすのですね。

何が問題なのでしょう。

そもそも交通事故は「環境の問題」と「個人の問題」の相互作用によって引き起こされるといわれています。

つまり、

雨や雪などの天候の問題や車のスリップなどの環境の問題と

注意散漫などの個人の問題が組み合わさって起こるのです。

環境の問題は皆さん同じですから、事故を繰り返す方は個人の環境に問題があると予想できますね(^-^)

個人の問題…頭の痛い話ですがどんな方があぶないのか?

1、運転に自信がある人

自称運転がうまい!危ない感じがしますね(@_@)

スピードも出すし、割り込んだり。

ちょっとあぶないなぁと思っても本人はそんなことは気が付きません(*_*)

2、小さな交通事故を繰り返す人

ちょっとガードレールにぶつけたり、ホイールを擦ったり。

安全確認が不十分なのですね。

本人は、「やっちゃった」なんて思って、また繰り返す。

大きな交通事故につながらないうちに反省する必要があります。

3、安全意識に問題がある人

交通事故を起こしても、相手側が悪い等自分の非を認めない人です。

今回たまたま軽傷に済んでも、次回は大けがをするかもしれません。また大けがをさせてしまうかもしれません。

片方だけの不注意ではなく、両方のドライバーが意識して注意しておけば未然に防げる交通事故もあります。