はい、こんにちは。はな接骨院の花井です。

はな接骨院では、交通事故の患者さんが、どこでも安心して治療が受けられるように活動をしています。

どうしてこのような活動が必要なのか。

それは、交通事故の保険や補償環境が良いとは言えないからです。

交通事故の被害にあった時適切な補償を受けるために大切な3つ

そもそも安心して通院できているよ

確かにたくさんの医療機関が交通事故の治療のあたり、全国どこで事故でケガをしてもしっかりとした治療を受けることが出来ますよね。

これはとても安心できることです。

多くの方が安心して治療を受けることが出来ます。

また、保険会社が交通事故の保険である自賠責保険との手続きも代行してくれますので、スムーズに交通事故の保険を使うことが出来て、補償も受けられます。

また、加害者との折り合いがつかなければ、弁護士を雇うことも出来ますし、公共の支援制度もあります。お金がないからと言って泣き寝入りすることもありません。

これもとても安心できることです。

交通事故被害者の方に対して現在の制度はものすごく悪いわけではありません。

 

でも実際どうなの?

では、実際はどうなのでしょうか。

実際、通院されている患者さんに話を聞いてみると、保険や補償に関して色々な問題が出てきます。

加害者の代理である損害保険会社の対応がとても悪くトラブルになる

これ実は結構あります。多くの患者さんは保険会社の担当者の対応に不満を抱えています。

良く知らない専門用語を使ったり、そもそもなぜか補償してやっているといった態度をしたり、威圧的な態度であったり。

トラブルまで発展することはまれですが、多くの患者さんは不満に思い、それが保険会社への不信感へとつながっています。

むちうち

不安やストレスを抱えながら治療を行っている

前述したように保険会社に不信感を抱きながら、保険を使ったり、補償を受けています。

治療を受けながらも

  • 今後、示談についての不安がある。
  • 保険会社の電話がつらい

と言ったストレスがあったりします。

そこで保険会社から「もう補償は無理ですよ」とか「もうこれ以上行うと、ちょっと…」なんて言われたら、何も知らない患者さんは、「示談の時もめるのかな」、「もっときつい口調の電話が頻繁にかかってくるのかな」なんて感じたりもします。

このような保険会社の都合によって交通事故の補償が進められることが多く、治療を続けることがストレスになってくることがあります。

 

じゃあどうしたらいいの

お金を払う側に保険会社と補償を受ける側の患者さんでは対立が起こるのも無理はありません。

でも出来れば、不満を抱えることなく治療に専念してほしいものです。

そのためには、患者さん自身が交通事故の保険や補償について少し学ぶことが大切です。

交通事故の保険や補償を学ぶために

はな接骨院では、交通事故の保険や補償を学ぶために、交通事故被害者の方向けの小冊子「保険会社との上手な付き合い方」やiPadアプリ「病院で学ぶ交通事故の保険と補償」を使って、出来るだけ交通事故の患者さんに交通事故の保険と補償について学ぶ環境を作っています。

交通事故で起こるトラブルを防ぐことが出来るかもしれません、また少しでも治療に専念しやすい環境を作ることがはな接骨院の役割でもあります。

全国どこでも交通事故の保険について学ぶことが出来るようにしたい

このような交通事故の保険や補償に関してしっかりと説明してくれる病院や治療施設は多くはありません。

けれど、交通事故はどこでも起こります。

そこで、はな接骨院では、交通事故の保険や補償に関してサポートしてくれる治療施設を募集し、掲載しています。

すこしでも交通事故患者さんのためになればうれしいです。

交通事故の保険や補償について学べる治療施設はこちら。

「病院で交通事故の保険と補償を学ぶサポートHP」