絶対加入しておくべき自動車保険特約とは?

自動車事故治療のプロが勧める入っておくべき自動車保険特約とは

「弁護士費用特約」です。

車 交通事故 むちうち

自動車事故では約7割以上の方が揉める!?

三重県桑名市の交通事故を専門に取り扱うはな接骨院では毎月たくさんの交通事故患者の方が来院されます。

患者様の中には症状が強く数カ月の治療が必要な方もみえます。

意外かもしれませんがそのほとんどの患者さまが相手側の保険会社と揉めたり、不満を持っています。

交通事故に遭ったことがあるは経験したことがあるかもしれませんがここで確認していきましょう。

患者さまが保険会社と揉める内容って何?

加害者の交通事故補償の代理である民間自動車保険会社とは様々な交通事故によって生じた損害に対して補償を決めていきます。

大きく分けて

  • 車など物に関するもの
  • ケガなど人に関するもの

に分けられます。

車など物が壊れた場合の修理費用はある程度は市場価値によって算定されますのでそれほど揉めることはありません。

反対にケガに関する補償内容は算定が難しく揉めることが少なくありません。

治療期間に関して

車いす

特に多いのが治療期間に関してトラブルになるケースです。交通事故のケガは約9割がむちうちなどのケガです。むちうちの特徴は症状や治療期間に個人差が大きく、レントゲン検査などで異常が見つかりにくいのが特徴です。

そのため治療期間に関しての基準は保険会社によって様々で、3カ月から6カ月くらいの治療期間を想定している保険会社が多いように感じます。

実はここに揉める原因があり、保険会社は患者様の容体や経過によって治療期間を想定しているわけではないため、実際に体の痛みを感じて治療を行っている患者様とのギャップが生じてしまうのです。

そもそも保険会社の担当者は交通事故のケガや経過に専門的な知識は持っていません。保険会社の自己都合を押し付ける形になってしまうことも多いためトラブルも多いのも納得です。

治療内容について

私達は交通事故治療を専門に行う接骨院ですのでこのようなトラブルをよく耳にするのかもしれませんが、保険会社が治療施設や治療内容を指摘することがあります。

何を根拠にそのような指摘をするのか理解できませんが、保険会社が嫌がる理由は想像できます。

それは治療費についてです。

はな接骨院を含め実は交通事故患者様に他よりも手厚く治療できる治療施設はそれほど少なくありません。おそらく調べれば近くでもあるかと思います。

そういった治療施設は交通事故の保険に関して熟知しているため、交通事故の患者様に関して通院しやすく、治療効果の高い治療を行います。

なぜなら交通事故の保険は補償期間が限られているため可能な限り早く治す必要があるためです。結果、治療内容は手厚くなりますし、通院頻度は高くなります。通院頻度は患者様の入通院慰謝料にもおおよそ比例するため保険会社が支払う補償費は高くなります。

そういった治療施設を保険会社は避けるために指摘し、患者様とトラブルになることもあります。はな接骨院も特に理由なく通院を禁止されたことがあります。

治療施設を選ぶ自由は患者様の権利です。けれども泣く泣く通院を禁止されるケースもあります。

トラブルだけでなく補償にも弁護士を!

追突事故

ここに挙げたトラブルを弁護士にお願いすればとてもスムーズに進めることが出来、患者様は治療に専念することが出来ます。

また補償内容についてもメリットがあります。

交通事故の補償に関して大きな項目に入通院慰謝料があります。この入通院慰謝料には様々な基準があり、どの基準が使われるかは交渉内容によって違うとされています。

弁護士に代理として交渉してもらうことで患者様に適切な入通院慰謝料が算定されることもあります。

幅広い弁護士特約の適応

そして弁護士特約を勧めるもう一つの理由に幅広い弁護士特約の適応範囲です。

交通事故に限られますが、同居する家族の誰かが加入していればいい!

これは大きいと思います。交通事故の患者様にも確認していますが、家族の誰かが加入していれば適応することが出来ます。(加入している保険会社に確認してください。)

費用も年間で1000円~2000円の場合も多くそれほど負担になることはないかと思います。

ぜひ一度確認してみてください!

適切な交通事故の治療を受けるために

はな接骨院では交通事故の被害者の方を中心に交通事故の治療のこと、保険の内容などの無料相談を行っています。

通院できない方でも構いません。お気軽に御来院、御電話してください。